[2020年]| 2月 | 1月 |
[2018年]| 12月 | 5月 | 3月 |
[2017年]| 8月 | 4月 | 3月 | 1月 |
[2016年]| 11月 | 9月 | 8月 |4月 | 3月 | 1月 |
[2015年]| 10月 | 8月 | 6月 | 4月 | 3月 | 1月 |
[2014年]| 10月 | 9月 | 3月 | 1月 |
[2013年]11月 | 9月 | 8月 |
2020年2月
鮮やかな下呂温泉の2月

2月の下呂温泉では「花笠まつり」、「冬の下呂温泉花火物語」という色鮮やかな光景に出合えます。「花笠まつり」は2月13日(木)、14日(金)の2日間、森水無八幡神社で行われる「田の神祭り」(国指定重要無形民俗文化財)のことで、踊り子と呼ばれる若者が花笠を被り舞を披露します。
「冬の下呂温泉花火物語」は3月28日までの毎週土曜日、夕食後の寛ぎの時間(20時30分から約10分間)飛騨川湖畔から打ち上がる花火で、それはもう幻想的ですよ。
では「杉の子」より2つの楽しいお知らせです。


<お取り寄せグランプリ2020>
<冷凍味付鶏ちゃん>準グランプリ獲得!

ブルータス誌面
ブルータス誌面
▲クリックで拡大表示できます
<お取り寄せグランプリ2020>の「ご当地チキン部門」において鶏ちゃん専門店「杉の子」の<冷凍味付鶏ちゃん>が準グランプリを獲得し、主催者(株)マガジンハウスの「BRUTUS」2019年12月15日号において発表されました。
この食イベントは、「日本一の「お取り寄せ」を探せ!」と松任谷正隆氏、秋元康氏、酒井順子氏、佐藤可士和氏の4人の審査員が、16ジャンル192品をすべて試食し、グランプリ、準グランプリを決めたものです。星の数ほどあるお取り寄せ商品から選ばれるだけでも名誉のことと思いますが、まさかの準グランプリには感謝の一言です。
「ご当地チキン」には全国のお取り寄せ12品目が並びました。審査員総評によると鶏肉はあらゆる食べ方で味わえる肉界の万能選手で、古くから食卓に上がる郷土料理として全国にご当地チキンが存在することから審査が最も難しく、かつ出品された12品目のレベルが高かったとのことです。審査員のみなさんは<冷凍味付鶏ちゃん>はキャベツと一緒に食べること、味のバランスの良さに感動され、ビールとの晩酌に最高!との感想が出ました。



挟んで美味しい!楽しい!
<鶏ちゃんそのまんまロール>
鶏ちゃん専門店「杉の子」の鶏ちゃんは、実はパンにもよく合います。
秘伝のタレと恵那鶏のモモ肉のみ使用という質の高い鶏肉がジワッ〜とパンに馴染み、焼きそばもさらに美味しさを引き立てます。
お店ではロールパンに鶏ちゃんを挟んで食べれますが、お子様から大人までそれは楽しい鶏ちゃん会話が弾むことでしょう。もちろんテイクアウトもできますよ!そのまんまロール