[2017年]| 4月 | 3月 | 1月 |
[2016年]| 11月 | 9月 | 8月 |4月 | 3月 | 1月 |
[2015年]| 10月 | 8月 | 6月 | 4月 | 3月 | 1月 |
[2014年]| 10月 | 9月 | 3月 | 1月 |
[2013年]| 11月 | 9月 | 8月 |
2015年1月
雪の下呂温泉と花火 そして心の詩

<飛騨木曽川国定公園を通り抜ける>

2015年がスタートしました。
雪の正月となりましたが、高山線の車窓風景に感嘆しながら下呂温泉の雪は美しいとつぶやかれるお客様がみえます。
名古屋、岐阜方面から高山線ワイドビューで下呂へみえるお客様は、車窓から白い岩肌の奇岩怪石が連なる益田川(飛騨川)の渓谷「中山七里」が映りますが、
それは飛騨木曽川国定公園の中を列車が走っている風景です。 国定公園の中を列車が通り抜け、温泉街の駅に到着するとい
う光景は全国的に非常に珍しいことです。

<おばあちゃんが感動する冬花火>

年末に杉の子へ来店されたお客様が、
毎年、下呂温泉の花火を楽しみにしていると言われました。
今年は家族と来ましたということで、初めておばあちゃんが一緒でした。
その日は雨でしたが、
花火が打ち上げられる頃には雨も上がったようです。
おばあちゃんは
「あのような花火は初めてですよ!
ディズニーランドへ行っているような気分になり
こんな年の私でも最高の気持ちになりました。
子供達は台の上で踊り喜びました。
たった15分と思っていたけど、このような花火が下呂温泉で見えるとは
思ってもいませんでした。来年も楽しみに頑張って来ます」
と体中で感動を表されました。
家族の方、全員が本当にディズニーの音楽が流れ、雪の上の花火が見られよかったと笑顔で話されました。
私も嬉しくなり下呂温泉をもっと皆さんに知っていただき、
四季折々の温泉街を楽しんでいただきたく思いました。
今年も心より皆様のお越しをお待ちしています。


年の初め、心の詩を一つ紹介させていただきます。
この詩は小学校3年生の孫(女の子)が、おじいちゃんと一緒に風呂に入りながら、突然唄い出したものです。

鶏ちゃんのひみつ

○杉の子のおいしいもん いっぱいあるんやで・・・・・
 けいちゃん けいちゃん 焼きそば 朴葉みそ・・・・
○けいちゃんのひみつ いっぱいあるんやで・・・・
  秘伝のタレと あとはないしょ・・・・・・
○けいちゃんのひみつ もうひとつあるんやで・・・・・
  あいじょう こめて 作っとるんやで・・・・・・